• trustc

「訊く」と「聞く」

4月のある日、あるお母様がこうおっしゃいました。 「学校から子どもが帰ってくると『お友だちはできた?』『楽しかった?』とついつい子どもに聞いてしまって、イヤな顔をされるんです。自分でも尋問みたいだな、と思うけれど、心配でつい…』

この時期、よく受けるご相談です。

『子どものことが心配で、つい…』と仰るのですが、実はお母さん自身が不安で、子どもから『大丈夫だよ』「楽しいよ』という返事を聞いて安心したいという面もあるのです。

口をついて出そうになるのをちょっとだけ我慢して、よく様子を観察してみませんか?

「訊かれて」ばかりでは、答えるのも億劫になるでしょうが、「聴いて」もらえると思えば、話したいと思うのは、大人も子どもも同じですね!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校にいると、考える時間を削られちゃうよね!〜セッション感想:高校生編~

気質の似た生徒たちでセッションを行っていたときのこと。 『それ、あるあるだね!』 『分かる、分かる!家族には怪訝な顔をされちゃうけど(笑)』 などと自分たちの経験を楽しそうに話していました。 この日は『発明型』と『思索・創造型』の気質が高い生徒たちが集まっていました。 身の回りに課題を見つけるのがとてもうまかったり、そのことについて解決法をあれこれ考えたり、質問が大好きだったり、空想にふけることを