• trustc

あなたのため、は自分のため?

親子セッションでよくある光景です。

『この子のためにと思って』 『この子には必要なことだと思って』 『なのに、全然聞いてくれないんです』

お母様の口から何度も何度も繰り返されるこの言葉をじっと聞いていた中学生の娘さんがポツリとひと言。

『それ、私じゃなくてお母さんのためじゃない?』

お母様は一瞬、ポカンとします。 どれもこれもお子さんのことを想ってということに間違いはないのですから…。

そんな時には、もう少しだけ自分の心を覗いてみてもらうことにしています。

するとたいていの場合は、 『あぁ、確かにそうあってほしいという私の強い気持ちがありますね。』 と仰います。

そこに気付けばもう大丈夫!

きっとお子さんを想う気持ちは伝わります。 強い想いが重い押し付けになりませんように…

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

宿題の話

もしお子さんがどうにも宿題に取り掛かる気になれない様子だったとしたら、どのように声をかけますか? 『さっさと宿題やりなさい!』 改めて文字にするとちょっと心が痛いのですが、これはもうお子さんを持つ方なら、思わず口に出してしまったのは一度や二度ではないかと思います。 『やらなきゃいけないんだから、そう言うのは当たり前じゃないですか?』 確かにそれも一理あります。そう言われてスイッチが入るお子さんもい

子どもを観察する ~『ねぇ、ねぇ』~

『ねぇ、ねぇ』 子どもが息を弾ませて駆け寄ってきます。 その後に続く言葉をちょっと意識してみましょう。 『ねぇねぇ、見て!』 『ねぇねぇ、聴いて!!』 『ねぇねぇ、ちょっと触ってごらん』 もちろんシチュエーションによって様々だと思いますが、多用するフレーズがあればそこに釈目してみましょう。 例えば、『見て』を多用する子は、自分を表現するには『見せる』ことが一番やりやすい方法なのでしょう。また、見せ

子どもを観察する ~好きから?苦手から?~

『帰ったらすぐに宿題やりなさい!』 『時間割は前の日の夜に合わせて!!』 苦笑いしたあなた、身に覚えがありますね(笑) さてここでお子さんはどちらのタイプでしょうか? ・好きなことからどんどん手をつけて、気持ちが乗ってきたところで苦手なことにもチャレンジする。 ・好きなことはご褒美のように最後に残し、ご褒美を目指して苦手なことにもチャレンジする。 前者であれば、やっぱり宿題があまり好きではないのか

​運営元

株式会社ラーニングS

​ (Learning Success Inc.)

Tel: 080-7636-3456

​E-mail: info@learningsuccess.jp

​〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-23-18

​ワールドイーストビル4F

  • White Facebook Icon
お問い合わせ

 Copyright ©️ 2021 ラーニングS ( Learning Success Inc.)