• trustc

あなたのため、は自分のため?

親子セッションでよくある光景です。

『この子のためにと思って』 『この子には必要なことだと思って』 『なのに、全然聞いてくれないんです』

お母様の口から何度も何度も繰り返されるこの言葉をじっと聞いていた中学生の娘さんがポツリとひと言。

『それ、私じゃなくてお母さんのためじゃない?』

お母様は一瞬、ポカンとします。 どれもこれもお子さんのことを想ってということに間違いはないのですから…。

そんな時には、もう少しだけ自分の心を覗いてみてもらうことにしています。

するとたいていの場合は、 『あぁ、確かにそうあってほしいという私の強い気持ちがありますね。』 と仰います。

そこに気付けばもう大丈夫!

きっとお子さんを想う気持ちは伝わります。 強い想いが重い押し付けになりませんように…

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

セッションを受けたあるお母さまのひと言です。 『褒めると言っても、心に響くポイントとそうでないポイントがあるんですね…』 そのお母さまは、お子さんを褒めるときには本当に嬉しそうに心からの言葉で褒めているのは、周りから見ていてもよく伝わってくるのですが、ふとのような言葉を呟かれました。 『私がすごいな、と目につくのは、自分が褒めてほしいというところばかりなんですよね。でも、子どもたちはもっと他のとこ

★30代男性 事務職★ 情報整理の仕方や気質など、今まで捉えたことのない観点で自分を知ることができた。 忙しくなり、自分を客観的に捉えられなくなりそうな時にまた受けたい。 ★40代女性 会社員★ チームの中で、自分がどのような形で貢献できるのかについて理解することができた。 ★30代 教育関係者★ 共に働く仲間の特性などを知ることできた。 この特性がどのような作業や仕事に向いていて、どのように職場