• trustc

どうやって褒める?

セッションを受けたあるお母さまのひと言です。


『褒めると言っても、心に響くポイントとそうでないポイントがあるんですね…』


そのお母さまは、お子さんを褒めるときには本当に嬉しそうに心からの言葉で褒めているのは、周りから見ていてもよく伝わってくるのですが、ふとのような言葉を呟かれました。


『私がすごいな、と目につくのは、自分が褒めてほしいというところばかりなんですよね。でも、子どもたちはもっと他のところを見てほしいのかもしれないと気付いたんです。』


こうおっしゃったのは、こんな例え話をしていた時です。

子どもたちが積み木遊びをしていました。

ケンカをしつつも、最後にはとても素晴らしい作品を創り上げて、みんな喜んでいます。

それを見たあるお母さんは、

『みんなで仲良くできたのね!』

と子どもたちに声をかけました。

うんうん、と頷いて満足そうな子どもたちの中に、さほど反応していないのはAちゃん。


どうやらAちゃんは、みんなで協力できたことよりも、細部にこだわって完成させたことの方に気持ちが強く寄り添っていたのです。


そこへやってきた他のお母さんが、作品のある部分を指してこう言います。

『すごいね、ここの作り方。よくこんな風に考えたよね!』


Aちゃんの顔はパッと輝いてにっこり。

ついつい私たちは、自分が承認してほしいところに視点を定めがちです。

褒めてほしいところ、承認してほしいところも、人それぞれなんだと気付くことで、お互いを認め合う機会も増えることでしょう!

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

★30代男性 事務職★ 情報整理の仕方や気質など、今まで捉えたことのない観点で自分を知ることができた。 忙しくなり、自分を客観的に捉えられなくなりそうな時にまた受けたい。 ★40代女性 会社員★ チームの中で、自分がどのような形で貢献できるのかについて理解することができた。 ★30代 教育関係者★ 共に働く仲間の特性などを知ることできた。 この特性がどのような作業や仕事に向いていて、どのように職場

★40代女性★ Q1. セッションを受けるきっかけを教えてください。 A1. 学習スタイル自体に興味があり、子供のことをより理解して導くことができたらと考えたため。 Q2. 印象に残ったことをお聞かせください。 A2. 気質についてはより理解が深まりました。環境については息子が帰ってきてから学習するのを面倒そうにしていたのは、時間帯が良くないだけだと気づくことができました。疲れている時間帯だと分か