• trustc

勉強したいと思ったときが、その時!

『久しぶり!お元気ですか?』


もう何年も前に卒業した生徒からの突然のメッセージ。 懐かしい気持ちで読み進めると、なんと、数学を改めて勉強したいので相談に乗ってほしいとのこと。


『これから家族ができたりして、子どもができた時に数学くらい質問に答えてあげられないと、大人として恥ずかしいかな…と思って。』


学生時代は決して数学が得意な生徒ではありませんでした。真面目に取り組んではいるものの、とにかく苦手意識が強くて、数学の単位を取り終わった時には『もう数学と会うことはないな(笑)』と言ったほど。


彼の好きそうなテキストや書籍、雑誌、動画教材をいくつか紹介すると

『そっかぁ‥雑誌もあるんだね。動画もいいかも。ありがとう!まず中学数学からヤバいから、そこからやり直してみるよ。また、困ったら連絡するから助けて♫』


と、ごきげんな様子で返信がありました。


いつも周りの人に優しく、大人としてしっかり自立することを目指していた彼。自分の目指す大人像の中に「勉強を教えられるパパ」というのが見えてきたのですね。

やりたいと思った時がその時。

好きも嫌いも越えて、一歩を踏み出せるのだと彼に教えられました。


きっと、テキストを前に頭を抱えていると思いますが、それも『やべぇ、難しいよ』とニコニコ笑いながらペンを動かしている様子が目に浮かびます。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

セッションを受けたあるお母さまのひと言です。 『褒めると言っても、心に響くポイントとそうでないポイントがあるんですね…』 そのお母さまは、お子さんを褒めるときには本当に嬉しそうに心からの言葉で褒めているのは、周りから見ていてもよく伝わってくるのですが、ふとのような言葉を呟かれました。 『私がすごいな、と目につくのは、自分が褒めてほしいというところばかりなんですよね。でも、子どもたちはもっと他のとこ

★30代男性 事務職★ 情報整理の仕方や気質など、今まで捉えたことのない観点で自分を知ることができた。 忙しくなり、自分を客観的に捉えられなくなりそうな時にまた受けたい。 ★40代女性 会社員★ チームの中で、自分がどのような形で貢献できるのかについて理解することができた。 ★30代 教育関係者★ 共に働く仲間の特性などを知ることできた。 この特性がどのような作業や仕事に向いていて、どのように職場