• trustc

 ”大好き”の力

幼い頃から生き物が大好きなAくん。将来は生物の研究ができたらいいなぁ・・・と思っています。


でも生物以外の科目はちょっと苦手...というより、そんなことをやっている暇があったら生物図鑑を眺めている方がよっぽどワクワクするのです。


そんなある日、Aくんは憧れの生物学者と話をする機会を得ました。

その研究者はAくんの知識の豊富さに驚くとともに、自分の研究に興味深々の少年との出会いを心から楽しんでいました。


そして、 『ねぇ、これ、ボクが書いた記事なんだけど読んでくれた?』 とある雑誌を差し出したのです。それは有名な科学雑誌の英語版。Aくんはちょっと悲しそうに言います。


『ボク、英語はあまり読めないんです。』


するとその研究者はニコニコとして言うのです。

『そっか、まだ高校生だもんな。これから英語も勉強して、いつか読んでくれると嬉しいな。』


その日の夜からです。 Aくんは突然英語の猛勉強を始め、記事に載っている単語のひとつひとつをすべて調べあげ、なんとその記事を読み切ってしまったのです。


憧れの人のことをもっと知りたい。大好きなものにもっと触れたい。そんなピュアな気持ちがAくんの苦手意識をひょいと飛び越えた瞬間でした。

大好きという気持ちはずっと大切に育てていきたいですね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

セッションを受けたあるお母さまのひと言です。 『褒めると言っても、心に響くポイントとそうでないポイントがあるんですね…』 そのお母さまは、お子さんを褒めるときには本当に嬉しそうに心からの言葉で褒めているのは、周りから見ていてもよく伝わってくるのですが、ふとのような言葉を呟かれました。 『私がすごいな、と目につくのは、自分が褒めてほしいというところばかりなんですよね。でも、子どもたちはもっと他のとこ

★30代男性 事務職★ 情報整理の仕方や気質など、今まで捉えたことのない観点で自分を知ることができた。 忙しくなり、自分を客観的に捉えられなくなりそうな時にまた受けたい。 ★40代女性 会社員★ チームの中で、自分がどのような形で貢献できるのかについて理解することができた。 ★30代 教育関係者★ 共に働く仲間の特性などを知ることできた。 この特性がどのような作業や仕事に向いていて、どのように職場