• trustc

子どもを観察する ~『ねぇ、ねぇ』~

『ねぇ、ねぇ』


子どもが息を弾ませて駆け寄ってきます。 その後に続く言葉をちょっと意識してみましょう。


『ねぇねぇ、見て!』 『ねぇねぇ、聴いて!!』 『ねぇねぇ、ちょっと触ってごらん』


もちろんシチュエーションによって様々だと思いますが、多用するフレーズがあればそこに釈目してみましょう。


例えば、『見て』を多用する子は、自分を表現するには『見せる』ことが一番やりやすい方法なのでしょう。また、見せてもらうことが理解しやすいのかもしれません。


同じように『聴いて』を多用する子は、話すことで自分を表現し、耳で聴くことが理解の助けになりやすい。『触って』を多用する子は、実際に体験することを大事にしている…

多用する言葉と日々の生活を見比べてみると、思わぬ発見の糸口につながるかもしれませんね。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

違うとは分かっているけれど ~私らしい子育て~

あるグループセッションに参加したお母様が話してくださいました。 自分と子どもは違う人間なんだ。そのことを頭と心の両方で理解したくてこのセッションに参加しました。 でもそのことより何より、気づいたんです。 私は他のどのお母さんたちとも違う、私自身なんだということに…。 いつも他の人の子育てと無意識に自分を比べていて、どこか不安だったんですよね。これでいいのかな…って。 でも、私には私しかできない強み

宿題の話

もしお子さんがどうにも宿題に取り掛かる気になれない様子だったとしたら、どのように声をかけますか? 『さっさと宿題やりなさい!』 改めて文字にするとちょっと心が痛いのですが、これはもうお子さんを持つ方なら、思わず口に出してしまったのは一度や二度ではないかと思います。 『やらなきゃいけないんだから、そう言うのは当たり前じゃないですか?』 確かにそれも一理あります。そう言われてスイッチが入るお子さんもい

子どもを観察する ~音読~

あるお母さんからのご相談です。 『うちの子、黙読ができないんです。もう高学年なので、そろそろ黙って取り組むことができないと大変だと思うんですが…』 なるほど、確かに中学、高校に入ってテストの時間にうっかり声を出してしまったら…というお母さまの心配もごもっともです。 ただ、ここでもずっとお話をしているように、人が何かを学ぶ時に五感のどこを使うのが快適なのか?ということについては、本当に人それぞれな