• trustc

子どもを観察する ~好きから?苦手から?~

『帰ったらすぐに宿題やりなさい!』 『時間割は前の日の夜に合わせて!!』

苦笑いしたあなた、身に覚えがありますね(笑)

さてここでお子さんはどちらのタイプでしょうか?

・好きなことからどんどん手をつけて、気持ちが乗ってきたところで苦手なことにもチャレンジする。 ・好きなことはご褒美のように最後に残し、ご褒美を目指して苦手なことにもチャレンジする。

前者であれば、やっぱり宿題があまり好きではないのかもしれません。 時間にこだわらず、まずは好きなことでゆったりと過ごして気持ちが乗ってくるタイミングを見計らってみませんか? 帰宅後はゆっくり過ごし、睡眠をしっかり取り、早朝に取り組んでみるのもよいでしょう。

後者であれば、宿題が苦になっているわけではなく、むしろ後でゆっくり楽しもうと思っているかもしれません。

お子さんがどちらのタイプか? それは食事の時にも見え隠れしていることがあります。 大好きなおかずに最初に箸をのばすか、最後まで取っておくか…今夜、食卓での様子をちょっと観察してみませんか?


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、ここに思索創造型のAくん。 夏休みが近づいてきたというのに、部屋で何をするでもなく幸せそうにぽ~っとしています。 夏休みかぁ…今年は旅行に行くって言ってたな。 たしかあそこには有名な遺跡があったよな。 実際に触れるらしいし、あ~、化石に触るのって初めてだ! 化石が生きてた時代ってどんなんだろう?恐竜がいたんだよな…その頃、人間って何を食べてたんだろう?木の実って美味しいのかな。どうやって調理

久しぶりの『気質』シリーズです。 もうすぐ夏休み。それぞれの気質を持った子どもたちは、どんな気持ちでいるのでしょうか? さてトップバッターは、『表現実行型くん』。 プール、虫取り、かき氷、おばあちゃんち、〇〇くんと遊ぶ、旅行、キャンプ、映画、マンガ… あれ?宿題はどこにいったんでしょう?(笑) すでに心は夏休み。 思いついたこと、目についたこと、耳にしたこと、片っ端から飛びついて大忙し。 いつもと

気質の似た生徒たちでセッションを行っていたときのこと。 『それ、あるあるだね!』 『分かる、分かる!家族には怪訝な顔をされちゃうけど(笑)』 などと自分たちの経験を楽しそうに話していました。 この日は『発明型』と『思索・創造型』の気質が高い生徒たちが集まっていました。 身の回りに課題を見つけるのがとてもうまかったり、そのことについて解決法をあれこれ考えたり、質問が大好きだったり、空想にふけることを