• trustc

子どもを観察する ~好きから?苦手から?~

『帰ったらすぐに宿題やりなさい!』 『時間割は前の日の夜に合わせて!!』

苦笑いしたあなた、身に覚えがありますね(笑)

さてここでお子さんはどちらのタイプでしょうか?

・好きなことからどんどん手をつけて、気持ちが乗ってきたところで苦手なことにもチャレンジする。 ・好きなことはご褒美のように最後に残し、ご褒美を目指して苦手なことにもチャレンジする。

前者であれば、やっぱり宿題があまり好きではないのかもしれません。 時間にこだわらず、まずは好きなことでゆったりと過ごして気持ちが乗ってくるタイミングを見計らってみませんか? 帰宅後はゆっくり過ごし、睡眠をしっかり取り、早朝に取り組んでみるのもよいでしょう。

後者であれば、宿題が苦になっているわけではなく、むしろ後でゆっくり楽しもうと思っているかもしれません。

お子さんがどちらのタイプか? それは食事の時にも見え隠れしていることがあります。 大好きなおかずに最初に箸をのばすか、最後まで取っておくか…今夜、食卓での様子をちょっと観察してみませんか?


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

違うとは分かっているけれど ~私らしい子育て~

あるグループセッションに参加したお母様が話してくださいました。 自分と子どもは違う人間なんだ。そのことを頭と心の両方で理解したくてこのセッションに参加しました。 でもそのことより何より、気づいたんです。 私は他のどのお母さんたちとも違う、私自身なんだということに…。 いつも他の人の子育てと無意識に自分を比べていて、どこか不安だったんですよね。これでいいのかな…って。 でも、私には私しかできない強み

違うとは分かっているけど ~ある女子大生の気づき~

何事もゆっくり、じっくり、納得がいくまで考え抜きたい女の子。 学校でいつもみんなと一緒のペースで学ぶことは時にとても辛いことでした。 そしてみんなと違う自分にどんどん自信をなくしていきますが、その後、彼女のペースで自由に学べる場所を得て、少しずつ自分自身を取り戻していきます。 『納得いくまで、ゆっくり考えていいんだよ。』 『興味のあることはとことんやればいいんだよ。』 『分からないことは、分

違うとは分かっているけど ~無鉄砲な息子?~

『自分とは違うと分かっていても、ここまで違うとは…』 あるお母さまの呟きです。 そのお母さまが悩んでおられたのは、息子さんのこと。いつも行き当たりばったりで、まったく計画性がなく無鉄砲。どうやって言葉をかけて諭せばよいのか…もう万策尽きて途方に暮れるといった様子でした。 ちょうどその頃、あるきっかけからお母さまは「学習スタイル」について学ぶことになり、自分と息子の違いを少しずつ理解されていくように