• trustc

子どもを観察する ~音読~

更新日:2021年4月11日

あるお母さんからのご相談です。 『うちの子、黙読ができないんです。もう高学年なので、そろそろ黙って取り組むことができないと大変だと思うんですが…』

なるほど、確かに中学、高校に入ってテストの時間にうっかり声を出してしまったら…というお母さまの心配もごもっともです。

ただ、ここでもずっとお話をしているように、人が何かを学ぶ時に五感のどこを使うのが快適なのか?ということについては、本当に人それぞれなのです。

例えば、同じ聴覚を使う際にも「外からの音を聴く」「実際に自分で声に出してみる」という風に大きな違いがあったりするのです。

そういう意味では、このお子さんは自分に合った方法でしっかりと学んでいると言えるでしょう。

ただし、テストを受ける機会が増えると困ることもあるかもしれませんね。 まずは本人がこのことに気づくこと。そして、対策を考えようという気持ちになることが何より大切です。

サポートをするのであれば、気づきを得る環境を整え、対策を考えようという気持ちを育てることではないでしょうか。

ちなみに私も声に出したい派。テストの時は、試行錯誤の末、”口パク”で乗り切りました。 声に出して読みたいみなさん、どう乗り切ってきましたか?

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この春から社会人になった女性からの感想です。 『今は日々緊張の連続ですが、仕事も徐々に本格的になりつつあります。自分が集中できる環境を改めてしっかりと理解できたことはとてもよかったです。』 セッションのたびに私たちも新たな発見があるのですが、今回も『なるほど!』と思うことがひとつ。 彼女は心地よく集中するためには、音楽がかかっていることが必要不可欠なのだそうです。 アセスメント(Self-Por

あるグループセッションに参加したお母様が話してくださいました。 自分と子どもは違う人間なんだ。そのことを頭と心の両方で理解したくてこのセッションに参加しました。 でもそのことより何より、気づいたんです。 私は他のどのお母さんたちとも違う、私自身なんだということに…。 いつも他の人の子育てと無意識に自分を比べていて、どこか不安だったんですよね。これでいいのかな…って。 でも、私には私しかできない強み

もしお子さんがどうにも宿題に取り掛かる気になれない様子だったとしたら、どのように声をかけますか? 『さっさと宿題やりなさい!』 改めて文字にするとちょっと心が痛いのですが、これはもうお子さんを持つ方なら、思わず口に出してしまったのは一度や二度ではないかと思います。 『やらなきゃいけないんだから、そう言うのは当たり前じゃないですか?』 確かにそれも一理あります。そう言われてスイッチが入るお子さんもい