• trustc

 芽が出るかな~?

駅から我が家までの途中に、木蓮が満開を迎えていた頃の話です。


自宅へと歩く私の先には、舗道に落ちた木蓮の花を拾っている小さい女の子。

傍にいるのはスーツを着たお母さん。

保育園からの帰り道でしょうか。 近づくにつれて、女の子の弾んだ声が聞こえてきます。


『ママ!これ植えたらお家で咲く?』


咲き乱れる木蓮がきれいだと思ったのでしょう。 何かを植えたら、花が咲くということも知っているようです。


『う~ん、どうだろう?植えてみる??』


もちろん落ちた花を植えて、木蓮が咲くことはないでしょう。 でも、お母さんは女の子の好奇心をそのまま受け取ったのですね。

嬉しそうに、大事そうに木蓮の花を持って歩く女の子。咲かないことにがっかりするかもしれません。でもこのお母さんならきっとまた女の子の気持ちに沿った声かけをすることでしょう。


魔法がかかって、一晩だけでも咲かないかな~などと思いつつ、私も帰路を急ぎました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

さて、ここに思索創造型のAくん。 夏休みが近づいてきたというのに、部屋で何をするでもなく幸せそうにぽ~っとしています。 夏休みかぁ…今年は旅行に行くって言ってたな。 たしかあそこには有名な遺跡があったよな。 実際に触れるらしいし、あ~、化石に触るのって初めてだ! 化石が生きてた時代ってどんなんだろう?恐竜がいたんだよな…その頃、人間って何を食べてたんだろう?木の実って美味しいのかな。どうやって調理

久しぶりの『気質』シリーズです。 もうすぐ夏休み。それぞれの気質を持った子どもたちは、どんな気持ちでいるのでしょうか? さてトップバッターは、『表現実行型くん』。 プール、虫取り、かき氷、おばあちゃんち、〇〇くんと遊ぶ、旅行、キャンプ、映画、マンガ… あれ?宿題はどこにいったんでしょう?(笑) すでに心は夏休み。 思いついたこと、目についたこと、耳にしたこと、片っ端から飛びついて大忙し。 いつもと