• trustc

言葉に宿る

『ボク、大きくなったらメジャーリーガーになるんだ!』


その小さな手には余るくらいのボールを握りしめた男の子はチームメイトの前でいつもそう言います。


そんな時、他の親御さんの手前恥ずかしくなってしまうのか、その子のお母さんはついつい言ってしまうのです。


『いやだわ、そんな上手でもないし、一生懸命練習をするわけでもないし。夢ばかり大きくてお恥ずかしい』


そこへコーチがやってきました。


『お母さん、子どもが夢を語らなくてどうするんですか?野球をやってりゃメジャーに行きたい、サッカーやってりゃワールドカップに出たい。それでいいんですよ、カッコいい、ああなりたいって思えることがどんなに幸せか。それでもいつか子どもは必ず壁に当たるんです。自分より上手いヤツに出会ったり、上達できないと感じたり。そこで自分と向き合って悩んで考えるんです。それまでは「大好き」「たのしい」「おれってすごい」でいいじゃないですか。』


『それに、「うちの子は無理」なんて言ってると、本当にその言葉どおりになっちゃいますよ。ああは言っても子どもなりに上手くいかなくて悩んだりしてるんですから、お母さんくらい無条件で信じてあげなきゃ。』


そのお母さんはもちろん、周りにいたお母さんたちも大きく頷いたそうです。


*************************************


お母さんが発した言葉は、直接、そして雰囲気でも子どもに伝わります。 またお母さん自身が自分の言葉を一番身近で聴いているんですよね。

日本特有の謙遜の文化なのでしょうか。お母さんたちの世界の何気ない定型文のようなものでしょうか。


それでも「言霊」という言葉にもあるように、想いは言葉に宿ります。

他人の物差しではなく、自分がどう想っているのか…本当の想いを大切に言葉に乗せていきたいと思います。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『もう、ママなんて大っ嫌い!』 誰だってそんなことを言われたら傷つきます。 ついつい、その言葉に反応して言い返してしまって…なんて経験はありませんか? でも本当の気持ちはどこにあるんでしょうか? ・構ってくれなくて、つまんない。 ・ちょっと話を聞いてほしかっただけなのに。 ・言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい。 ・ただの八つ当たり。 色んな気持ちが入り混じっているのかもしれません。 まず

さて、ここに思索創造型のAくん。 夏休みが近づいてきたというのに、部屋で何をするでもなく幸せそうにぽ~っとしています。 夏休みかぁ…今年は旅行に行くって言ってたな。 たしかあそこには有名な遺跡があったよな。 実際に触れるらしいし、あ~、化石に触るのって初めてだ! 化石が生きてた時代ってどんなんだろう?恐竜がいたんだよな…その頃、人間って何を食べてたんだろう?木の実って美味しいのかな。どうやって調理

久しぶりの『気質』シリーズです。 もうすぐ夏休み。それぞれの気質を持った子どもたちは、どんな気持ちでいるのでしょうか? さてトップバッターは、『表現実行型くん』。 プール、虫取り、かき氷、おばあちゃんち、〇〇くんと遊ぶ、旅行、キャンプ、映画、マンガ… あれ?宿題はどこにいったんでしょう?(笑) すでに心は夏休み。 思いついたこと、目についたこと、耳にしたこと、片っ端から飛びついて大忙し。 いつもと