• trustc

 話し合って決める 

『子どもとしっかり話し合って決めましたから』

そうお母様は晴れ晴れしい顔で仰いました。 しかし当の本人は無表情。(「どうでもいいんじゃね?」そんな声が聞こえてきそうです。)

Aくんは、将来の道に迷っていましたが、やっとなんとなくやりたい方向が見えてきたとのこと。 『〇〇学部を目指そうかな…』

それを聴いたお母さんは大変驚かれるのですが、 『本当に好きなことが見つかってよかったと思います』 と仰ったのです。

しかしその後が大変でした。 『〇〇学部なら△△大学が合うんじゃないかしら?』 『□□大学がその分野では素晴らしいみたいね』

最初はそう寄り添ってくれるお母さんに対し、Aくんは、うんうんと頷いていました。 ところがだんだん風向きが変わり始めます。

『ねえ、本当に〇〇学部でいいの?最初に言っていた××学部のことももう一度考えてみたら?』 『もっとゆっくり考えてみてもいいのよ』 『将来の仕事のことを考えたら、〇〇学部は活躍できる分野が狭いのね…』 『××学部だと~』 『あなたの性格を考えると~』 『〇〇学部は勉強も大変なのね』

そうなんです、お母さんは元々考えていた××学部の方に進んでほしいと思っているのです。

あなたのために…というフレーズを使いながら、話し合いを進めているように見せかけながら、ひたすらに自分の意見を伝え続ける。

そんな、大げさに言ってるだけでしょ? と思われるかもしれませんが、よく聞く話です。 そして子どもたちはこう言います 『自分の意見が通るまで続くからね。これ、話し合いじゃないよね。』


そしてとうとうAくんはこう言いました。 『△△大学に行きます。』 『え?〇〇学部はそこにはないじゃない?』 『もう、面倒なんで。とりあえず△△大学でやれそうなこと探しますよ。』

Aくんに楽しいことが見つかるといいな…と思うばかりです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

宿題の話

もしお子さんがどうにも宿題に取り掛かる気になれない様子だったとしたら、どのように声をかけますか? 『さっさと宿題やりなさい!』 改めて文字にするとちょっと心が痛いのですが、これはもうお子さんを持つ方なら、思わず口に出してしまったのは一度や二度ではないかと思います。 『やらなきゃいけないんだから、そう言うのは当たり前じゃないですか?』 確かにそれも一理あります。そう言われてスイッチが入るお子さんもい

子どもを観察する ~『ねぇ、ねぇ』~

『ねぇ、ねぇ』 子どもが息を弾ませて駆け寄ってきます。 その後に続く言葉をちょっと意識してみましょう。 『ねぇねぇ、見て!』 『ねぇねぇ、聴いて!!』 『ねぇねぇ、ちょっと触ってごらん』 もちろんシチュエーションによって様々だと思いますが、多用するフレーズがあればそこに釈目してみましょう。 例えば、『見て』を多用する子は、自分を表現するには『見せる』ことが一番やりやすい方法なのでしょう。また、見せ

子どもを観察する ~好きから?苦手から?~

『帰ったらすぐに宿題やりなさい!』 『時間割は前の日の夜に合わせて!!』 苦笑いしたあなた、身に覚えがありますね(笑) さてここでお子さんはどちらのタイプでしょうか? ・好きなことからどんどん手をつけて、気持ちが乗ってきたところで苦手なことにもチャレンジする。 ・好きなことはご褒美のように最後に残し、ご褒美を目指して苦手なことにもチャレンジする。 前者であれば、やっぱり宿題があまり好きではないのか

​運営元

株式会社ラーニングS

​ (Learning Success Inc.)

Tel: 080-7636-3456

​E-mail: info@learningsuccess.jp

​〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-23-18

​ワールドイーストビル4F

  • White Facebook Icon
お問い合わせ

 Copyright ©️ 2021 ラーニングS ( Learning Success Inc.)