• trustc

宿題の話

もしお子さんがどうにも宿題に取り掛かる気になれない様子だったとしたら、どのように声をかけますか?

『さっさと宿題やりなさい!』

改めて文字にするとちょっと心が痛いのですが、これはもうお子さんを持つ方なら、思わず口に出してしまったのは一度や二度ではないかと思います。

『やらなきゃいけないんだから、そう言うのは当たり前じゃないですか?』

確かにそれも一理あります。そう言われてスイッチが入るお子さんもいます。(きっと、背中をポン!と押してほしいお子さんなのでしょうね。)

しかしここで一度考えてみましょう。

『お子さんがなかなか取り組まない理由はなんですか?』

ゲームがしたい、漫画を読みたい、観たいTV番組がある…

もちろんそういうこともあるでしょう。 ではもう少しよく観察してみましょう。

宿題に取り掛かれないのは、いつもですか? それとも特定の宿題が出た時だけですか?

もし、特定の宿題が出た時に…と言う傾向があれば、それはお子さんにとって一人では取り組みづらい形のものなのかもしれません。 音読は特に苦労していないけど、書き取りはどうにも進まない。その逆も然り。

ワークブックは好きだけど、自由にまとめなさい、と言われると書き出しに困ってしまう。その逆も然り。

文章題は好きだけど、単純計算の繰り返しは集中できない。その逆も然り。

さらに宿題そのものの意義を考え、納得がいかないというお子さんもいたり。

そうなんです。 宿題が進まないという現象ひとつを例に挙げても、その奥には様々な子どもの個性が見え隠れしています。

その個性が見えてくると、声のかけ方にも工夫ができそうですね。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

違うとは分かっているけれど ~私らしい子育て~

あるグループセッションに参加したお母様が話してくださいました。 自分と子どもは違う人間なんだ。そのことを頭と心の両方で理解したくてこのセッションに参加しました。 でもそのことより何より、気づいたんです。 私は他のどのお母さんたちとも違う、私自身なんだということに…。 いつも他の人の子育てと無意識に自分を比べていて、どこか不安だったんですよね。これでいいのかな…って。 でも、私には私しかできない強み

違うとは分かっているけど ~ある女子大生の気づき~

何事もゆっくり、じっくり、納得がいくまで考え抜きたい女の子。 学校でいつもみんなと一緒のペースで学ぶことは時にとても辛いことでした。 そしてみんなと違う自分にどんどん自信をなくしていきますが、その後、彼女のペースで自由に学べる場所を得て、少しずつ自分自身を取り戻していきます。 『納得いくまで、ゆっくり考えていいんだよ。』 『興味のあることはとことんやればいいんだよ。』 『分からないことは、分

違うとは分かっているけど ~無鉄砲な息子?~

『自分とは違うと分かっていても、ここまで違うとは…』 あるお母さまの呟きです。 そのお母さまが悩んでおられたのは、息子さんのこと。いつも行き当たりばったりで、まったく計画性がなく無鉄砲。どうやって言葉をかけて諭せばよいのか…もう万策尽きて途方に暮れるといった様子でした。 ちょうどその頃、あるきっかけからお母さまは「学習スタイル」について学ぶことになり、自分と息子の違いを少しずつ理解されていくように