子どもを観察する ~『ねぇ、ねぇ』~

『ねぇ、ねぇ』

 

 

子どもが息を弾ませて駆け寄ってきます。

その後に続く言葉をちょっと意識してみましょう。

 

 

『ねぇねぇ、見て!』

『ねぇねぇ、聴いて!!』

『ねぇねぇ、ちょっと触ってごらん』

 

 

もちろんシチュエーションによって様々だと思いますが、多用するフレーズがあればそこに釈目してみましょう。

 

 

例えば、『見て』を多用する子は、自分を表現するには『見せる』ことが一番やりやすい方法なのでしょう。また、見せてもらうことが理解しやすいのかもしれません。

 

 

同じように『聴いて』を多用する子は、話すことで自分を表現し、耳で聴くことが理解の助けになりやすい。『触って』を多用する子は、実際に体験することを大事にしている…

 

多用する言葉と日々の生活を見比べてみると、思わぬ発見の糸口につながるかもしれませんね。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

営業時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/13
ホームページをリニューアルしました。

ラーニングサクセス

住所

〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷1-23-18 
ワールドイーストビル4F

アクセス

渋谷駅 B1出口 徒歩2分 
駐車場:無

営業時間

9:00~17:00

定休日

土曜・日曜・祝日